お久マッスルブログ  著者:金子

いつもお世話になっております

この場に登場するのはいつ以来でしょうか?

恐らく雪が積もる前だったような気がします。。。

春の気配とともに筋肉の高ぶりを感じる

どーも僕です

新たな出会いの季節

それは同時に

新たなトレーニングを開始させる季節の到来

と世間ではよく言われております。(うそ)

さて、みなさん

ふと思い返してみてください。

昨年、2016年5月ごろ・・・・

どんなトレーニングをしていらっしゃいましたか?

ま、まさか昨年の5月と今年の5月で

同じトレーニングなんてことはないですよね??あははは

・・・・・

人の体は恒常性といって

慣れ親しんだ環境に適応し、無駄を省いていくという習性があります。

トレーニングも一緒です。

1年前、ハアハア言いながら夢中になって持ち上げていた

ウェイトも、今やスイスイ挙がります。

これが一番よくある例ではないでしょうか。

誰にでも起こり得る所謂、マンネリ化ってやつです。

そのままにしていると皆様の大切な時間がもったいない!!

ということで、簡単にマンネリが打破でき

且つ、

グッドマッスルに近づく方法を伝授いたしましょう!!

①トレーナーにフォームを見てもらう

前述にありますように、人はどんどん適応していく

生き物ですので、徐々に自分の楽な方法を編み出し

無駄な動きを排除していきます。

これはトレーニングでカラダを変える上では

よろしくない反応です。

対象の筋肉がしっかり動いているか。

適切な身体動作が導けているか。

今一度トレーナーにチェックをしてもらいましょう

②やったことのない運動要素を取り入れる

私はいつもランニングマシンでしか運動しません。

という方は

筋力トレーニングを取り入れてみたり、

筋力トレーニングのみを行っている方は

有酸素運動を取り入れてみたりと、

カラダは様々な角度から刺激を入れることで変化

起こしやすくなるので、

この春を機に、新しい運動要素を取り入れてみてはいかがでしょう?

スタジオプログラムに入ってみるのもいいですね。

③泳ぐ

フィットネス会員様であればプールもお使いいただけるのが

当クラブの良いところ。

皆さん、プール行ったことありますか?

実は泳ぐことは、ジム内ではほぼ得ることができない

筋肉の活動を行うことができる施設なのです

等速性筋活動(アイソキネティック・マッスルアクション)

といって、水中運動特有の筋活動を行うことができますよ。

筋肉の形も良くなるそうですしね。

と、色々やって損は無いってことでございます。

楽しく、怪我無く

トレーニングしていきましょう。

夏はもう眼前ですよ!

Light Weight Baby!!

Copyright(C)2002-2011 RENAISSANCE INC