~水の4大特性その③・その④~

みなさん、こんにちはsun

今回から私もブログを

担当することになりました。

フィットの吉田と申します!!

よろしくお願い致しますhappy02

寒い日が続いておりますが

みなさま体調を崩されてはいませんか

寒くて、運動するのも嫌・・・shock

外に出るのも憂鬱・・・shock

なんて方もいらっしゃるかとおもいますが、

次の夏に向け、

この寒い冬にこそ、

思い切って運動しましょうsign03sign03

そこで前回に引き続き、

水の4大特性について

お届けいたします!!

水の特性には

水温 水圧 浮力 抵抗

の4つがあります。

前回の水温水圧に引き続き、

今回は浮力と抵抗について

紹介いたします!!!

Photo_14

まずは浮力についてです!!

浮力があることで、水中では

運動の負荷が軽減されます。

肩までプールにつかるとしたら

なんと 体重に対して10%の

負荷しかかからないんです!!

例えば、50㎏の人がプールに

入ったら、5㎏になるということですshine

浮力があることで、

腰や膝、足首に負荷をかけることなく

運動が持続できるのですnotenote

また、陸上では困難な姿勢も

浮力の助けで負荷が小さくなり

楽にとれるので、

関節を大きく動かすことが可能となります!!!

「最近体の関節が痛くて運動ができない…」

という方でも安心して

プールをご利用いただけますscissors

さて、次は抵抗についてです!!

1

水中ではどの方向に対しても抵抗が生じます

そのためすべての動きに抵抗が生じ、

簡単な動きでも

カロリー消費につながるという

とってもお得な特性なんですhappy02good

また、自分が鍛えたい方向に

負荷をかけることができるのです。

このように水中運動では

嬉しい特性がたくさんありますので、

ぜひプールに来て体感してみてくださいwavewave

今回で水の4大特性についての

内容は以上となります!!

何か皆一つでも当てはまることがあったら

なんでもスタッフにお声かけください!!

お客様一人一人に合ったメニューや

プログラムを紹介させていただきますhappy01happy01happy01

それでは、プールにて

お待ちしておりますnotenote

水の4大特性

その①~水温⇒見逃した方はこちら

その②~水圧⇒見逃した方はこちら

October 2018

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Copyright(C)2002-2011 RENAISSANCE INC