【テニス】ガットのテンションを上げるとボールは・・・?

テニスコーチの谷口敬輔(けいすけ)です!

テニスコーチで2人谷口がいますが、こっちのほうです。

1510221938715

突然ですが問題です!

テニスラケットに張ってあるガットですが、テンションを上げると

①ボールが飛ぶようになる

②ボールが飛ばなくなる

どっちでしょうか?

ガット?テンション?なんのこと?

という方もいらっしゃると思いますので少し解説いたします。

ガットというのはテニスラケットの面に張ってある糸のことです。(ストリングスともいいます)

素材はいろいろありますが、主に

●ナイロン系

●ポリエステル系

●ナチュラル系

の3種類に分かれます。(この解説はまたの機会にでも・・・)

テンションというのは、そのガットを引っ張る強さのことで単位はポンド(Lbs)で表されます。

テニスガットの場合はおおよそ50ポンドを基準に40~60ポンドで張る場合が多いです。

50ポンド≒23キロなので、1本のガットに23キロの鉄球をぶら下げて引っ張っている、と考えるとどのくらい強く引っ張っているかイメージしやすいと思います。

50ポンド以下で張ることを「柔らかく張る」

50ポンド以上で張ることを「硬く張る」と表現します。

冒頭の質問に戻ります。

今50ポンドで張っている方が55ポンドで張ると飛ぶようになるのか、それとも飛ばなくなるのか?

答えは「飛ばなくなる」です。

ガットが柔らかく張るとトランポリンのように弾む力が強いので、ボールを打った時に遠くまで飛んでいきます。

逆に硬く張ると弾む力が弱まる(鉄板のようになる)ので、ボールは飛ばなくなるのです。

ですので、ボール飛ばなくてがネットミスが多い方は「柔らかく張りかえる」

ボールが飛び過ぎてアウトが多い方は「硬く張り替える」ことをおすすめいたします。

なお時期的な問題で、気温が低いとボールは飛ばなくなるので、冬場は2~3ポンド柔らかく張るといいですよ。

また、張りっぱなしのガットは本来の性能を失われて

●ボールが飛びにくくなる

●スピンがかかりづらくなる

●それらを無理に飛ばそうとして手首や肘を痛める

恐れがありますので、できれば3ヶ月に1度、少なくとも夏と冬の年2回は張り替えましょう。

【テニスガットキャンペーン】

11月10日(金)~11月30(木)

全品20%~30%OFF!この機会に是非張り替えましょう!

詳しくはテニスコーチにご相談下さい。

1510221942521

お客様のガットを張るもう1人の谷口こと谷口耕司(こうじ)コーチ♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

↓↓↓ルネサンス亀戸ホームページはこちらをクリック↓↓↓

Photo_18

↓↓↓お得な紹介システムはこちらをクリック↓↓↓

Fla01_2

↓↓↓見学をご希望の方はこちらをクリック↓↓↓

6

江東区・墨田区にお住いの方、錦糸町・亀戸周辺にお勤めの方で

スポーツクラブ・フィットネス・ジムをお探しの方はルネサンス亀戸へ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

April 2018

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Copyright(C)2002-2011 RENAISSANCE INC