スマートテニスレッスンリポートvol.9〜スマートセンサーの見方③〜

こんにちはテニスコーチの田島ですhappy01

今回もスマートセンサーのデータの見方について

リポートしてまいりますflair

今回も「回転」に関する話ですhappy01

少し難しい話になるかもしれませんがご了承くださいthink

よくコーチに「もっとトップスピンかけて!」と言われる方は

今回の見方でかかっているかがセルフチェックできますflair

スイング速度ボール速度がほぼ同じ

Image2_3

この場合は振ったスピードがそのままボールに伝わっているので、

打ったボールはスピードボールということがわかりますflair

スイング速度よりボール速度が遅い

Image1_5

こちらは早く振ったのにボールの速度が遅いパターンflair

しっかりラケットは早く振っているが、回転がしっかり

かかっているためボール速度はスイング速度よりも遅く

なっていますsun

このようなデータが出れば「トップスピンがかかった!」

と認識してもらって大丈夫ですflair

ボール回転が「+」なのか「−」なのかを見てあげるのに

加えて、上記の見方をしてあげると判別がより確実になりますflair

ちょっとよくわからなかった、こういう場合はどうなの?

といったことが思い浮かびましたら是非担当コーチに質問してみてくださいhappy01

それでは今日はこの辺でhappy01

May 2017

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Copyright(C)2002-2011 RENAISSANCE INC