CPR・AED研修!

こんばんは。また最近はhorse馬車馬horseのように働いているトレーナーの須藤です。

お客様より、「木曜日なんで休館なの?」という質問をよく受けますが、

下記のような取り組みなどもあり、休館とさせて頂いておりますm(_ _)m



今回は安心・安全を守るための取り組みとして、CPR・AEDの研修を行いました!

いわゆる、「人が倒れているときの処置法」ですね。

研修の担当は「アルソック」の方です!

もちろん施設の防犯も「アルソック」にお任せです!



1、傷病者の発見!

周囲の確認。周りに被害を及ぼすようなものがないですか?

Pa300265 

2、反応の確認

「わかりますか?」等の呼びかけを肩を叩き3回行う。

Pa300274

 

3、協力の呼びかけ
「誰か来てください。人が倒れています。」

「あなた、119番通報をお願いします。」

「あなた、AEDをもってきてください。」

Pa300284


4、呼吸の確認

見て。聞いて。感じて。

通常呼吸がなければ、胸骨圧迫。Pa300273

5、胸骨圧迫

胸骨←不明な方はトレーナーへどうぞ。

を掌底にて1分間に100回の速さで圧迫。約5cmの深さを30回。

Pa300270

 

6、人工呼吸

胸骨圧迫の後に2回。

感染症の恐れ等、ためらう状況の際は胸骨圧迫のみでOK!

下顎をあげることによる、気道確保も忘れずに!

Pa300278

7、 6・5の繰り返し。

8、AEDのセット

AEDの電源をいれる。

パッドを心臓をまたぐように胸に貼る。

「解析中です」の声が流れたら、人が触れないようにする。

「ショックが必要です。」←ボタンを押す。

Pa300275
9、 7を繰り返す。

2分毎に解析が再開するので、8を行う。

 

10、救急隊に引き継ぐ。

 

いかがでしたか?ザックリですが、緊急の際行うことを記載しました!

皆様も大切な方を守るため、習得してみてはいかがでしょうか?

May 2019

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Copyright(C)RENAISSANCE INC