【テニス】話題のSTL試してみました

Kiuti_2

※2009年にとある試合会場でサーブの連続写真を撮ってもらったものです。

そんなに打ち方は変わっていないハズ。。。

こんにちは

お久しぶりです!

テニスコーチの木内です。

スタッフブログには久しく登場しておりませんでしたが、

1年ぶりくらいの登場でしょうか笑

お付き合いいただけると幸いです。

今回ですが、6月~本格導入されている

STL(スマートテニスレッスン)についての体験談を簡単に

お伝えできればと思います。

最近は、諸事情により自分のテニスを向上させる為の

練習時間を多くは取れなくなってしまいましたが、

逆に短い時間の中でしっかりと質の高い練習を!

という意識は昔に比べて出てきているように感じます。

そんな中で6月~のSTLの本格導入!

とあるKコーチとSTLの実践も兼ねて

サーブ練習をしていた時の話。

ダブルスをしている時に他の人はキープ率高め

私木内のサービスゲームは、

ブレイクされやすかったのがなんで??

という疑問点。。。

それをSTLのプレイバック機能及びセンサー利用しての

自分のサーブの数字を確認した時にいろんな事が分かりました。

比較として、スイングスピードとボールスピードの2つに着目

(どちらもフラット系サーブ)回転は+2~4くらい

Kコーチ    スイングスピード 154km ボールスピード 154km

木内      スイングスピード 134km ボールスピード 154km

私のサーブがスイングスピードよりも、ボールスピードが速かった

のに対し、Kコーチのサーブはどちらも同じくらいの数字。

一見するとラケットをうまく利用し効率良くサーブを打てているのは

スイングスピード < ボールスピードの私の方が・・・

とも捉えられますが、サーブを受ける相手(レシーバー)の気持ちを

考えた時には、

スイングスピード = ボールスピードで同じくらいのサーブの方が

ボールが重たく感じてレシーブはしづらいようです。(相手の体験談)

スイングスピード < ボールスピード

⇒ ボールをラケットで弾くようにして打っている。

 すなわち球離れが早いので、スピード一緒でも比較的軽いサーブ

スイングスピード = ボールスピード

⇒ ボールをしっかりとスイングで押し込み打っている。

 すなわちボールにスイングや体重移動のパワーなどを伝えきれている為

 比較的重たく感じるサーブ

なのかなと、あくまでも私個人の見解ではありますが、、、、

まだまだレッスンにてセンサーを使われていない方も多いですが、

使ってみたら奥が深く、きっと新たな自分のテニスの成長が見出せますよ!

私も次はどんな発見があるか、また練習が楽しみです♪♪

ぜひとも皆さんもお試しあれ!!

長らくご覧いただきありがとうございました。

最近こんなのも告知しているので合わせて載せておきます!

お子様のテニスにはぜひ夏休み短期教室がオススメです!!

申込みも既に始まってますので良かったらご参加お待ちしております!

Photo_17 l.pdfをダウンロード

↑※PDF版はこちらをクリック↑

スポーツクラブ&スパ ルネサンス 名古屋熱田  公式ホームページ(スマホからもご覧頂けます)

地下鉄名城線西高蔵駅より0分!JR金山駅、名鉄金山駅より徒歩10分! 名城線沿線にお住まいの方、金山駅近郊、熱田区、南区、港区、中区、中川区、瑞穂区にお住まいの方に便利な立地です。 見学はご予約不要!エアロビクス、ヨガ、テニス、スイミングなどプログラムも充実しています。

 

ルネサンス名古屋熱田 〒456-0016 愛知県名古屋市熱田区五本松町9-33 TEL 052-681-2202

 

スポーツクラブ&スパ ルネサンス名古屋熱田 スタッフブログ

ルネサンス名古屋熱田への入会予約はこちらをクリック

スポーツクラブルネサンス名古屋熱田 ルネノワ

スポーツクラブ&スパ ルネサンス名古屋熱田 アディダス 

June 2017

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Copyright(C)2002-2011 RENAISSANCE INC