【テニス】データを活用していきましょう。

こんにちはsun

テニスコーチの井上ですsmile

 

さてさて最近私は、自分のテニス上達のためにもデータをフル活用しています。

そんな中、私の数値は実際どんなレベルのものなのかを比較してみようと思い、

私自身のデータと、あるプロのデータを比べてみることにしました。

 

Fullsizer 

動画タブレット(左)、STS(真ん中の赤色)、ラケット(右)

この3点セットが肌身離せませんshine

 

フォアハンドストロークの平均数値を比べてみます。

プロの方の数値は、以前あるプロの方に口頭で聞いた数字になります。

 

            井上        プロ

回転量         +4          +7

スイングスピード    108㎞         140㎞

ボール速度       101㎞         138㎞

 

こんなにも違うものなのですね

やはりプロはすごいです!

 

さてさて比べてみたところで、もっとも肝心なことは、

いかに相手からポイントを奪えるか

です。

ボール回転、スイングスピード、ボール速度をいかにコントロールできるかなのですsign03

 

特にボール速度には注目しましょうnote

緩急を上手くコントロールできれば、相手が判断を誤ってくれます。

そこでミスを誘えるのですsign01

仮にボール速度が120㎞で打てるとしても、80㎞のボールも取り入れてみることが重要です。

その緩急が相手のタイミングを奪い、ポイントを重ねることができます。

 

練習中にどんなボールが80㎞、120㎞になるのかを把握し、

試合でチャレンジしてみましょうsign01

 

これがデータの一つの使い方ですねup

ルネサンスにある道具をフル活用していくと、必ず上達していきますよhappy01

 

 

テニススクール体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

April 2019

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Copyright(C)RENAISSANCE INC