[14]テニススクール情報

【テニス】データを活用していきましょう。

こんにちはsun

テニスコーチの井上ですsmile

 

さてさて最近私は、自分のテニス上達のためにもデータをフル活用しています。

そんな中、私の数値は実際どんなレベルのものなのかを比較してみようと思い、

私自身のデータと、あるプロのデータを比べてみることにしました。

 

Fullsizer 

動画タブレット(左)、STS(真ん中の赤色)、ラケット(右)

この3点セットが肌身離せませんshine

 

フォアハンドストロークの平均数値を比べてみます。

プロの方の数値は、以前あるプロの方に口頭で聞いた数字になります。

 

            井上        プロ

回転量         +4          +7

スイングスピード    108㎞         140㎞

ボール速度       101㎞         138㎞

 

こんなにも違うものなのですね

やはりプロはすごいです!

 

さてさて比べてみたところで、もっとも肝心なことは、

いかに相手からポイントを奪えるか

です。

ボール回転、スイングスピード、ボール速度をいかにコントロールできるかなのですsign03

 

特にボール速度には注目しましょうnote

緩急を上手くコントロールできれば、相手が判断を誤ってくれます。

そこでミスを誘えるのですsign01

仮にボール速度が120㎞で打てるとしても、80㎞のボールも取り入れてみることが重要です。

その緩急が相手のタイミングを奪い、ポイントを重ねることができます。

 

練習中にどんなボールが80㎞、120㎞になるのかを把握し、

試合でチャレンジしてみましょうsign01

 

これがデータの一つの使い方ですねup

ルネサンスにある道具をフル活用していくと、必ず上達していきますよhappy01

 

 

テニススクール体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

【テニス】動画とセンサーは素晴らしいツールです。

こんにちは。sun

テニスコーチの井上ですhappy01

 

現在、ルネサンスで導入している動画とセンサーを使って、

自分達のフォームなどの見直しも行っています。

 

ここに写真が2枚あります。

 

Img_6201  

Img_6207  

上が詫間コーチ、下が井上ですhappy01

 

サーブを打っているところですが、右下の数字を見てみてくださいsign01

 

左から、

ボール回転

スイングスピード

ボール速度

です。

 

そのうち、スイングスピードとボール速度に注目

詫間コーチの数字は、

スイングスピード:160km

ボール速度:176km

 

 井上の数字は、

スイングスピード:156km

ボール速度:148km

 

スイングスピードはあまり変わらないのに、ボール速度が約30kmも違うんです!

これは、たぶん私(井上)のサーブはうまくボールに力を伝えきれておらず、

反対に、詫間コーチは効率的にボールに力を伝えているということです!

 

私は、サーブのスピードが遅いので、速く速く振ろうとしていましたが、

これを見ると問題はそこではないということがわかります。

もっと身体の使い方を考えたほうが効果があるかもしれないということです。

 

こうやって、目で見てデータで観察すると新しい視点で観ることができます。

 

この作業を続けていけば、効率的に上達できること間違いありませんねsign01

皆様もどんどん、動画とSTSを活用していきましょうsign01

私もどんどんサポートさせていただきますnote

 

テニススクール体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

ボディにきたボールの返し方。

こんにちはsun

テニスコーチの井上です。

 

お客様より、

「コーチ~。いつもブログ見てるよsign01

って言っていただけましたsign01

 

 

 

 

 

嬉しいですweep

 

 

 

そんな言ってもらえて、見てもらえて嬉しいですup

これからも週に1回程度の頻度ですけど、愛をもって更新していきますheart04

 

 

■ボディにきたボールはこうやって返そう。

テニスの前衛に構えていて、突然ボールが体に向かって飛んでくる。

そんな経験はテニスをされている方は何回もありますよね。

なかなか返すの難しいんですよね~sweat01

四苦八苦している方も多いのでは。

でも試合で勝つためには、あらゆる状態でも返球できることが大事sign01

ということで、ボディにくるボールの返球について語りたいと思いますhappy01

 

まずはボディにくるボールは基本的に、バックボレーでとること。

Photo_8  

さっと構えることが大事です。反応しっかりしなきゃです。

 

Photo_9  

そしてすぐさま左足(右利きの方は右足)を横にずらし、ラケットを横に振り始めます。

やはり体の真ん中で打つのは打ちにくいので、

少しでも体の横で取るために、体をずらしていくことが大切ですsign01

またラケットは肘を横に動かして、振り出していくことが重要sign03

 

Photo_11  

このアングルではわかりづらいかもしれませんが、ラケットは打ちたい方向(前)に動かすのではなく、

体に沿って、真横に動かす感じで大丈夫ですnote

そうすることでスライス回転をかけて返球できるため、相手に対して、バウンド後に変化を与えることができ、

少しでも不利な状態を解消しながら返球できるのですsign01

 

Photo_12  

最後はラケットヘッド(ラケットの先っぽ)があまり外に向かないようにすること。

私の打ち方では、ラケットヘッドは下を向いています。

ここが外を向くと、ボールを切るだけになってしまい、

相手コートにボールを飛ばすことが難しくなります。

 

 

ボディのボールはとても処理が難しいですが、

覚えてしまえば、むしろ返し方がこれしかないため返すことが楽になる技術の一つですshine

 

えっsign02文章じゃわかりづらいsign02

 

そんな方は私のレッスンを受けにきてください(笑)

試合に出る方はここの技術は不可欠ですsign01

たくさん練習しましょうnotes

 

 

テニススクール体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

いよいよ来週はテニス短期教室がスタートです!

こんにちはsun

テニスコーチの井上です。

 

さて、本日お伝えしたい事は、、、

 

これしかありませんsign03

 

 

 

Fullsizer

   

『こどもテニス短期教室』

 

ですsign03

 

未就学児のお子様、小学生の方が対象です。

夏休みの思い出づくりに絶対になると思いますし、

これを機会にテニスを始めてもらえたらもっと嬉しいですsmile

 

 

テニスは子供の運動能力向上にとても向いているスポーツだと思います。

短距離も長距離も走って、ボールとラケット使う。

将来、もし子供が「テニス以外のスポーツに行きたい」と言われた時に、

どのスポーツにも移行しやすいのがテニスだと思いますup

あっ!もちろんテニスを続けてくれたら一番嬉しいですし、

テニスを続けたい!って思ってもらえるレッスンを頑張りますnote

 

 

ということで、来週から子供達と楽しく遊びまくりたいと思いますsign01

すでにたくさんのご参加をいただいておりますが、まだ空きは多少ございますので、

この機会にテニス始めてみませんかsign02happy01

 

 

テニススクール体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

より緻密なデータでテニスの技術向上を目指そう。

こんにちは。 

テニスコーチの井上です。

 

最近、ハマりにハマっているものがあります!

 

Img_5978  

スマートテニスセンサー

です!!

この赤い小っちゃいやつです。

 

Img_5979  

ラケットのここにつけます。

 

 

さてさて、これで何がわかるかというと、、、

 

ショットの詳細なデータがわかる!!

 

のです!

 

Img_5981  

動画の下の方をみてください!

 

Img_5982  

まずはここ。

ラケットのどこに当たっているかがわかります。

データ画面では、真ん中より少し下に当たってますね。

これは全てのショットででてきます。

実際自分では分からないことなので、これはとてもありがたいですね♪

 

Img_5983  

次に、スピンかスライスかのボール回転、スイング速度、ボール速度などが分かります。

しっかり回転がかかっているのかな~とか、スイングはしっかりできているのかな~とか。

これを毎レッスンごとにデータとして集約し、自分の調子などが数字で測れるってわけです!

数字ででてくると、具体的な話しになるのでとても納得させられますよ。

 

動画も画面もデータも上手く使えるかどうかが大事なところです。

ただ見るだけでは、技術向上にはつながりません。

 

①今の自分でどこが悪いのかを仮説を作ってみる。

②それを元にデータや画面を見てみる。

③その部分に修正を加える。

 

しっかり活用すれば、必ず先へとつながります。

画面、データ、そしてコーチからのアドバイス。

この3つを上手く使って、より上達へと進んでいきましょう。

 

大丈夫です!

私たちが全面的にサポートさせていただきますので!

 

頑張りましょうね♪

 

ちなみに、このセンサーは会員の方の利用は10月からを予定しています。

今しばらくお待ちくださいませ!

 

Img_5984  

以上、左井上、右杉本からのお知らせでした♪

 

 

テニススクール体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

テニスからのお知らせです♪

こんにちは。

現在、テニスの4大タイトルの一つがイギリスで行われていて、

それを見て興奮が冷めない、テニスコーチの井上です。

 

本日は、こんなご案内です!

 

Img_5942  

スマートテニスレッスン体験キャンペーン

 

です!

 

すでにルネサンス会員の方のご紹介で、テニスの体験に来ていただけると、

体験料が無料になるんです!!

(通常は1,080円かかります。)

 

あっ!スマートテニスレッスンをご存知ない方は、

下記のブログをチェックしてください!

 

ルネサンスの新しいテニスレッスンはこちらです

 

ぜひぜひ、皆様ルネサンス熊本に遊びにくてくださいね!!

 

テニススクール体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

動画を使ったレッスンは、面白い!

こんにちは。

テニスコーチの井上です。

 

前回のブログでも書きましたが、先日

「スマートテニスレッスン」

の研修をスタッフ皆で受けました!!

 

Dsc04049  

まずはテニスのレッスンで動画を使うということで、一同驚きの声が!!

 

ここから皆で動画を使ったレッスンを体験してみようとなり、レッスンを行いました。

 

Dsc04053  

ラケットの握りを確認~♪

 

Dsc04052_2  

皆で打ってみましたup

 

Dsc04068_2  

皆上手ですsign03

Dsc04070

とても盛り上がりましたsign03

テニスやっぱり楽しいですsmile

 

 

その後は、、、

Dsc04058  

Dsc04079  

こんな感じで打ったフォームを確認していきますnote

 

「ええっ!こんな感じなの?」

 

皆自分のイメージと動画のギャップがありすぎてビックリしてました。

 

◆自分を知るってとても大事です。

 

やはり自分の姿を見れるってことは本当に良いことですshine

私たちがコーチがお伝えしていることが、直に伝わるので効率的に理解する事が可能ですup

私たちコーチがどんなに、「足曲げてください!」と伝えても、なかなかわかりづらいshine

でも動画なら一発ですsign01

「えっ!?こんなに曲ってないの?」と。

自分で理解できるから、次からそこを修正しようと具体的になれますsmile

 

今後はこの動画に、、

 

・ラケットのどこに当たったのか?

・自分の打ったショットのスピードは?

・ショットの回転量は?

・どのショットをたくさん打っているのか?

 

などなどが、具体的数字でわかるので、もっとすごいsign03

 

是非ルネサンスでしか味わえないこのレッスンを受けにきてみてくださいsign01

上達すること、楽しいこと間違いなしですsign01

皆様のご来館お待ちしておりますnotes

 

 

テニス体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

ルネサンスの新しいテニスレッスンはこれです!

こんにちは。

テニスコーチの井上です。

 

皆様、大変長らくお待たせいたしました!!

 

 

ついに!

 

 

ついに!!

 

 

ルネサンス熊本もこれが始動することになりました!!

 

Photo_2  

『スマートテニスレッスン』

 

です!

 

これは会員様の打っている姿を動画に収め、

タブレットを使って、実際に自分のフォームを自分の目でみて修正をかけていくというレッスンです。

 

Photo_4  

ここにカメラが設置されてます。

これで会員の方のフォームを動画に撮ります。

 

Photo_5  

そしてその撮った動画はこのタブレットで見る事ができ、

それを見ながら修正をかけていくといったやり方ですup

 

新しいレッスンの形なんですsign03

 

このレッスンの最大の魅力は、なんといっても、

 

自分のフォームが自分で見れ、自分で認識できる

 

という点ですsmile

 

今まで私たちコーチが一生懸命伝えても、なんとなくしか伝わらなかったり、なんとなくピンとこなかったりする部分もあったかと思います、、、

 

でもそれがなくなりますsign03

 

自分の目で見れるから納得できますsign03

 

修正しやすいこと間違いありませんsign03

無限の可能性が広がるレッスンを行うことができるんですsign03

 

しかもただ動画をみるだけではありませんsign03

いろんな機能がもりだくさんsign03

そんな魅力たっぷりの内容はまた近日中にアップしますnotes

 

お楽しみにnotes

 

 

テニススクール情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

テニスは、「手ニス」ではなく、「足ニス」と言われます。

こんにちはsun

梅雨の時期に入ったと言われてますが、

すごい晴れ晴れとした日々が続いているため、

今のうちに外に遊んでやろうと考えているテニスコーチの井上ですup

 

Photo_16 右が井上、左は寒河江(さがえ)コーチ

 

本日はテニスでもっとも基本的な「足を曲げる」ということについて、お話ししていきたいと思いますtennis

 

 

■足を曲げ、しっかりとした土台をつくろう。

まずは構えですsign01

 

Photo_17 足は肩幅くらいに広げます。ラケットは体の前に。

 

Photo_18 足を曲げます。腰を落とすという表現もします。

 

足を曲げて欲しい理由は「反応を早くする」ためです。

足を曲げ、地面を蹴り上げる力を利用して動きだします。

 

テニスはいつ、どの方向にも動けるようにするために、

いつも曲げているような状態を保つと良いと思いますsmile

 

Photo_19 ストロークの時も。

 

Photo_20 ボレーの時も。

 

Photo_21 サーブの時も。

 

下半身を強化することは、テニスでは必須です。

 

もし、下半身をこれから鍛えたいという方は、

●縄跳び

●スクワット

この二つはひとまずオーソドックスなトレーニングになりますsign01

題名にも載せていますが、テニスは手を使うので、

「手ニス」と言われそうですが、

「足ニス」と言われるくらい足が大事です。

是非、テニスの練習に上記のトレーニングも混ぜてやってみてくださいnote

 

ちなみに私の今週のレッスンは、この下半身を強化しようがテーマですflair

やってみたい方は、私のレッスンでお待ちしておりますshine

 

テニス体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

続けるって難しい。久々井上の登場です。

こんにちは。

 

テニスコーチの井上です。

 

 

久々の更新です。

 

 

書く期間があいておりましたが、

お客様からもどんどん書いてほしいという要望もいただき、

もう一度書き始めることにしました!

 

 

■誰もができることを誰もができないくらいまで続ける

今までテニスを続けてきて、そして今お客様にテニスを教えていて感じること。

 

 

「誰もができることを誰もができないくらいまで続けること」

 

 

この言葉、私が勝手に師匠と思っている方のの言葉です。

 

 

確かにな~って思うわけです。

(ちなみにこのブログ更新だって私自分に負けてました(>_<))

 

テニスで言えば、

ボールを打つということは誰でもできます。

空振りするかもしれないけど、打ち続けることはできます。

でも、うまくいかないと投げ出したくなります。

やめたくなったり、諦めたくなったりします。

でもそれを続けていくうちにふっとわかる時がくるんです。

 

「あっ!!こういうことか!!」

 

って。

 

 

■「量」が「質」にカワル

量をこなすことである時、なんとなく感覚がわかるようになります。

こういうことだったのかって。

「質」にかわる瞬間ですね。

そしてそのあとはどんどんわかるようになります。

感覚がわかるようになると、

「こうすればいいんだ!」

って自分で応用を効かせることができます。

 

たぶん、皆様もそれぞれの得意分野で感じていることだと思います(^O^)

 

 

こんな偉そうに言ってる私ですが、私もすぐに諦めてしまうこと多数です。

でもなんとか継続していける男になりたい。

なのでもう一度ブログ始めてみます!

今度は無理しないスケジュールでの更新となりますが、

是非お暇な時は目を通されてみてください!

 

少しでも皆様のテニス上達の手助けになればとテニスの内容を中心にアップしていきますね。

 

私も皆様と一緒に頑張っていきたいと思います~♪

 

Img_4541

 

テニススクール体験情報はコチラ

テニスコーチ紹介はコチラ

April 2019

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Copyright(C)RENAISSANCE INC