2020年7月 6日 (月)

池江選手の動画が公開されました

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

先日、施設責任者のブログの中で池江璃花子選手のお話をさせて頂きました。

(詳細はこちらから)

10代後半で水泳界を驚かせるほどの競技成績を上げ、何もなければ東京五輪でもきっと女子の水泳界の中心にいたであろう彼女が、白血病を告白し、約10カ月にもおよぶ治療を受けられました。

この2年ほどはきっと我々には想像もしがたい大変な時期だったと思います。

そんな池江選手も7月4日に20歳の誕生日を迎えられました。

(大人びている印象だったので、まだ20歳だったんだとちょっとびっくりしました。)

練習も再開され、今の様子も含めてテレビCMで公開されています。

(動画はこちらから!)

これから2024年に向けて動き出した池江選手を我々も応援していきたいと思います!

まずは10月に行われるインカレでの実戦復帰を目指すとのことです!

是非、ご注目ください。

梅雨で今日も雨ですが、元気にご来館頂いている方もいらっしゃいます。

(集中豪雨で被災された皆様、お見舞い申し上げます。)

週明けの月曜日も頑張っていきましょう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年7月 3日 (金)

【あっちゃんの闘病記③】選択、そして決定

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

【あっちゃんの闘病記②】支えてくれた家族はこちらから

私の性格は、時の流れに身をまかせて生きてるタイプなので、『決断する』ことがあまり得意じゃない。
しかし、乳がんになった私は、色々決めていかなければならないことが多くありました。

 
まず、病院をどこにするのか
主治医の先生は誰にお願いをするのか。
 
色々と調べましたが、評判、通院のしやすさ、綺麗さなどから検査をした病院とは違うB病院に決めました。
そして、症例数や評判、姉の友人のお医者さんの勧めもあり、A先生にお願いすることにしました。
 
ある程度有名な先生なら、写真などでお顔を拝見出来ますが、先生の人となりは会ってみないとわかりません。
これは、ある意味ギャンブルです!
お見合いみたいなもんです。知らんけど・・・(笑)
 
私の場合、手術が終わっても、その後の治療や経過観察で10年間お付き合いが続く(今も継続中)ので、先生との相性はとても大事です。
 
前回、乳がんの告知のあった病院で、CT・心電図・呼吸機能検査・血液検査・免疫染色検査・骨シンチグラム(骨に転移してないかの検査)を詳しく調べてもらい、その病院からB病院のA先生宛に紹介状を書いてもらい、検査のデータをもらいました。
 
そして、たくさんお話頂いた看護師さんにお礼と報告に行きました。
この病院で手術しないので、申し訳ない気持ちだった私に、
 
「とてもいい選択だと思います。頑張って下さい。」
 
と言って頂き、気持ちが楽になりました。
 
 
 
それから数日後…
遂に、B病院で主治医となるA先生と初対面!
60歳前後の優しく明るく、じっくり話を聞いてくれる先生でした。
顔は、しいて言えば前田吟さん(笑)。
 
印象も良く、いい感じ。
 
乳がんにも色んなタイプがありますが、私は女性ホルモンにより増殖し、がんの増えるスピードは遅い「ルミナルA型」と判明。
そして、がん細胞が左胸のあちこちに見られる為、乳輪乳頭残して全摘した方がいいとのことでした。
 
 
そして、この病院で次に決めなければならないことは、
乳房再建をどうするか...
自家組織再建(自分の体の一部を)か人工乳房(インプラント)の再建か...
 
悩みましたが、私は身体の他の部分の切開や切除する怖さもあり、保険適用になったインプラントの再建ができる人工乳房に決めました。
 
そしてもう1つの問題が、
一次再建(がん切除と同時に再建する)か二次再建(手術や化学療法などが一段落したところで再建する)か...
 
私は、乳がんの手術と同時にティッシュ・エキスパンダー(インプラントを挿入する空間を作る機械)を挿入し、2回目の手術でインプラントに入れ替える一次二期再建に決めました。
 

Photo

来週はこの一次二期再建について書きます。
 

【あっちゃんの闘病記④】へ続く。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年7月 1日 (水)

今年は特に熱中症に気を付けて。

Photo_7

運動支援センター 新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

関西も梅雨入りし、室内も屋外もじめじめとした季節ですね。
少し動いただけでマスクの中が汗ビッショリになってしまいますね…。

今年の夏はマスクを着用しての外出が日常化していたり、
これまでとは異なる生活環境下になるので、例年以上に
熱中症予防対策をしっかりと行う必要がありそうです。

新型コロナウイルスの感染予防のためには、一人一人が感染防止の
3つの基本である、

①身体的距離の確保
②マスクの着用
③手洗い

この3項目を徹底し、3密(密集、密接、密閉)を避ける等の新しい
生活様式を実践することが求められています。

感染拡大予防に加えて、さらに熱中症予防対策をこれまで以上に心がけましょう。

ではどのような事に気を付ければよいのでしょうか。

環境省と厚生労働省から、令和2年度に必要な熱中症予防行動について
案内されています。

20200526_leaflet_page0001

出典:環境省熱中症予防情報サイト (https://www.wbgt.env.go.jp/doc_prevention.php

運動支援センターでは、皆様に安心して安全に運動して頂けるよう感染拡大防止対策を

徹底して実施しています。リハビリ支援相談会も開催していますので、お気軽にお立ち寄り

ください。

この新しい生活様式にも少しずつ慣れていきましょう。

皆さま体調管理に気を付けてお過ごしくださいね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年6月29日 (月)

7月の無料体験イベントのお知らせ

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

患者交流棟からお知らせです。

6月に引き続き、7月も『ロコモ度測定会』『乳がん患者様向け肩・腕悩み相談会』『リハビリ支援相談会』を実施致します。を実施致します。

7

7_2

ロコモについては先日、こちらのブログでも紹介させて頂きましたが、運動器の健康維持や介護予防にも繋がります。

ご紹介の記事はこちら ☞ ロコモとは?

自宅でもできるロコモ予防運動はこちら ☞ 家でもできる運動

20分ほどで測定できますので、皆様のご参加をお待ちしております。

お申込み・お問い合わせ・詳細の確認は以下のURLからご覧ください。

https://cancer.s-re.jp/traial

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年6月26日 (金)

【あっちゃんの闘病記②】支えてくれた家族

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

 
今回は、私を支えてくれた家族のことを書きます。
 
乳がんの告知を受けた帰り、まず夫に電話をして乳がんだったことを伝えました。
 
電話の向こうで動揺する夫に看護師さんに聞いた話を伝え、私は大丈夫ということを伝えました。
私に落ち込んでる様子がないことにびっくりしたみたいです。
 
帰って晩ご飯の後、その当時中2の娘と小学5年生の息子にもママが乳がんになったこと、入院で2週間位いないけど、家のことを皆で協力してやってほしいことなどを伝えました。
 
子供達も「わかった」と言う感じで深刻な感じにならなかったのですが、夜、寝ている時に私にバレないように布団を頭からかぶり声を殺してシクシク泣く息子がいました。
この息子の姿を見た時が、一番泣けました。
 
そして、この病気は私一人の闘いではなく、家族みんなの闘いなんだと思いました。
 
まず私がしなければならないことは、病院探しや、手術方法を調べることより、息子を安心させることでした。
がん=死ではなく、ちゃんと治療すれば治る病気ということ、ママには病気を治せる力があることを話ました。
 
そして、息子の担任の先生と近所のママ友達にも話をして、私の入院中のフォローをお願いし、たくさんの人に協力してもらいました。
 
告知から入院まで20日ほどあったので、入院する時はみんな笑顔で見送ってくれました。
 
その時もらった娘作のメッセージつき折り紙の花束です。
 
 

1592975019899_2

ママへ
手術がんばってね!
おうえんしてるよ!
大好き〜💕
いつもの元気でファイト! 娘
 
(OK!頑張るね。ママも大好き〜♡)
 
 

1592975031019

ママへ
しゅずつがんばってね。ファイト!
持ってるぜ☆ 息子
 
(あちゃちゃちゃー。こんな時に言うのも何やけど、『しゅずつ』→『しゅじゅつ』。手術の漢字も習ってたね。『持ってるぜ!』→『待ってるぜ!』やね!)
  
 

1592975009743_2

ママへ
元気になって帰って来て下さい!
みんな待ってるからね‼︎
シリコンは両方Eカップでお願いします! パパ
 
(どさくさに紛れて何願望言うてんねんannoy)
 
 
でも、この花束のおかげで、笑いながら『行ってきます』と言えました。

【あっちゃんの闘病記③】はこちらから

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年6月24日 (水)

ロコモ対策運動 体幹編

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

今日のロコモ対策運動は『体幹編』です!

ロコモと言えば足の動きに目が行きがちですが、『身体を支える』という意味では姿勢の維持がとても重要です。

まずは体幹って何なの?というところからご説明していきます。

体幹=腹筋ととらえる方も多いかと思いますが、実はそうではありません。

実際には腹筋だけでなく、胸や背中・太ももなどの筋肉も含まれます。

いわゆる『身体』の『幹』となる部分の筋肉の総称を『体幹』というのです。

もちろん、体幹が崩れると姿勢が悪くなったり、猫背になったり、それで腰痛が引き起こされたりといった問題も起こりますので、バランスよく体幹を鍛えることができる運動をご紹介していきます。

①クランチ (腹筋)

仰向けになり、膝を90度程度に曲げます。

手は太ももの上に添えます。

Img_1742

肩甲骨が上がる程度まで身体を起こし、戻します。

上半身を完全に起こす必要はありません。

視線は、おへそに向けます。

Img_1743 10~20回を2~3セット行います。

②ダイアゴナル (腹筋と背筋のバランスのトレーニング)

肩の真下に手をつき、四つん這いの姿勢をとります。

肩の真下に肘がくるように、脚のつけ根の真下に膝がくるように置きます。  

手は肩幅、脚は腰幅に開きます。

Img_1858

片手を上げ、上げた手の反対側の脚を伸ばし、

腕・頭・背中・骨盤・脚のラインが

Img_1859 10~20秒間この姿勢をキープし、2~3セット行います。

常にお腹を引っ込ませるように意識しましょう。

③プランク (腹筋と背筋のバランスのトレーニング !上級編!)

体を下に向け、肘を肩の真下におきます。

肘の位置は肩幅、足は腰幅程度に開きます。
Img_1752

膝をつけたまま、お腹を持ち上げキープして、下ろします。

頭・背中・骨盤・お尻のラインがまっすぐになるようにキープします。  

常にお腹を引っ込ませるように意識しましょう。

Img_1754 10~20秒間この姿勢をキープし、2~3セット行います。

更にレベルアップしたい人は膝を伸ばし、肘とつま先で安定させバランスを取り、頭・背中・骨盤・お尻・膝・足首のラインがまっすぐになるようにキープします。(これができれば超上級者です!)

使っている筋肉や『効いているな』と思う箇所を意識しながらやってみてください。

ただ、『腰が痛い』などの不具合が出た場合は動作を中止してください。

ご家庭で是非、試してみてください!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年6月22日 (月)

池江選手復帰に向けての報告に思うこと

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから


先日、弊社所属の池江璃花子選手が競技活動への復帰に向けて今後の指導体制のご報告を致しました。

ご存知の方も多いと思いますが、池江選手は2019年2月に白血病治療に専念するため競技からの休養を発表。
12月に退院を報告し、年が明けた2020年3月に「病院の先生の許可がやっと出て、プールに入ることができました」と公式サイトとInstagramを通じて報告していました。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2006/16/news127.html


また、20日には同じく弊社所属の持田選手が池江選手との2ショットをInstagramで公開し、元気な姿、
とてもよい笑顔を見せてくれました。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2006/21/news018.html


これから池江選手は弊社所属の西崎勇コーチをヘッドコーチとしてグループ指導体制でトレーニングを
行っていく予定です。

https://www.rikako-ikee.jp/information/2020/06/post-12.html

池江選手の復帰には多くの支援者が彼女をサポートしていくことになります。
しかし、それは池江選手だけに限らず、『がん』という病気と闘っている全ての人に必要なことだと私達は考えています。

『日常生活への復帰、社会生活への復帰、よりよい生活への復帰、様々な場面への復帰をお一人お一人に合わせてサポートしていきたい』

『がんサバイバーの方々にとって身近なサポーターになりたい』

そんな想いで毎日を過ごしています。
先日、ご紹介したリーフレットに描いたイラストにはそんな想いを込めています。

http://blog.s-re.jp/cancer/2020/06/post-575b.html

私達のようなサポーターがいることを一人でも多くの人に知ってもらいたいです。


責任者  沖本 大


_

__2

__3

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年6月19日 (金)

【あっちゃんの闘病記①】がん発見、告知。

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

 
私の乳がんが見つかったのは小林麻央さんが亡くなられた3か月後の平成17年9月でした。
若くして小林麻央さんが亡くなられたことは衝撃的で、テレビや雑誌でも「乳がん」「セルフチェック」「ピンクリボン」の言葉をよく目にするようになりました。
 
 
私はもともと左脇に小豆ぐらいの大きさのシコリがあったのですが、平成15年に受けた乳がん検診では、そのシコリは石灰化したもので、悪いものでないと診断されたので、そのままほったらかしにしてました。
しかし、シコリもあるし、前の検査から2年経っているので、気になって家の近所のクリニックで乳がん検診を受けることにしました。
 
 
そのクリニックでは、マンモグラフィーとエコーの検査だったのですが、先生いわく、
 
「顔つきが悪いので、精密検査をする必要があります。大きな病院を紹介します」
 
…ということでした。
 
 
すぐに大きな病院でCTや心電図・血液検査など、さらに詳しく調べてもらい、2週間後の9月19日に1人で結果を聞きに行きました。
 診療室に入って先生の第一声が
 
「1人で来たん?」
 
だったので、
 
『あーーこれは乳がん確定やな…』と感じました。
 
 
案の定、
 
「結論から言うと乳がんです」
 
と画像を見ながら説明を受け、私も覚悟していたからか冷静に話を聞いていました。
 
 
私がその日最後の患者だったからか、20〜30分ほど時間をかけて乳がんのタイプ、治療方法、再建の話など、とても丁寧に優しく説明をしてくださいました。
 
「わからないことないですか?質問ないですか?」
 
と言う先生の問いにも何を聞いていいかもわからず、ただただ「大丈夫です」と答えていました。
 
 
自分でもびっくりするくらい冷静だったのですが、診療室を出てから看護師さんが追っかけてきてくれて、
 
「何かわからないことがあれば何でも聞いてください。私、高野さんと同い年で家も近所で、ちょうど1年前乳がんになりました。だから、不安な気持ちもわかるし、人ごとと思えなくて…」
 
と優しい言葉をかけてもらい、その優しさで涙が止まらなくなりました。
 
 
その看護師さんが自分の体験談、子供のこと、仕事復帰のことなど生活面の話から、どの病院で手術するか(その看護師さんも職場とは違う病院で手術した)など先生には聞きにくい話を教えてくださいました。
その話のおかげで、次に私がすることも明確になり、この看護師さんみたいに社会復帰できるんだと安心できました。
 
Img20200618105549

【あっちゃんの闘病記②】はこちらから

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年6月17日 (水)

ロコモ対策運動 太もも・お尻編

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

先日のブログでロコモとは何なのかをご紹介していきました!

(先日のブログはこちらから!)

今日は実際にロコモを予防する運動のご紹介です。

歩行やバランスを取る際の土台として必要な『太もも・お尻の運動』です。

では、筋肉のお話からしていきます。11赤〇・・・太ももの前に筋肉 『大腿四頭筋』

黄〇・・・太ももの裏側の筋肉 『ハムストリングス』

桃〇・・・お尻の筋肉 『殿筋群』

この3つの筋肉は主に足の力となる『脚筋力』に大きく関わってくる筋肉です。

歩いたり、バランスを取ったりと色々なところで活躍し、骨盤に付着しているので姿勢にも大きく関わってきます。

また、膝に加わる負担もこの筋肉で分散させることができるので、膝の痛みのある人はこれらの筋肉を強化することで、膝の痛みや不安定感を軽減させることもできます。

今日はこの3つの筋肉の運動についてご紹介していきます。

①大腿四頭筋の運動 『ワンレッグリフト』

仰向けになり、片膝を90度に曲げ、片脚を伸ばし、床から少し浮かせます。

手の平を下に向け、からだの横で広げます。Img_1841

伸ばしている脚を曲げている膝と同じ高さまで上げ、床から少し浮かせた状態に戻します。反対の脚も同様に行います。

Img_184010~20回を2~3セット行います。

②ハムストリングス・殿筋群の運動 『ヒップリフト』

仰向けになり、腰幅程度に開き、両膝を90度程度曲げます。

手のひらを下に向け、からだの横で広げます。

足はつま先は持ち上げ、かかとのみ床につけます。

Img_1736

腰を持ち上げ、下ろします。

肩を支点に体幹~骨盤が一直線になることころを目安に持ち上げます。

Img_1739 10~20回を2~3セット行います。

お尻を締めることを意識してください。

足のつま先は持ち上げる姿勢が厳しい場合は足全体を床につけても構いません。

③3つの筋肉の運動 『スクワット』

脚を腰幅に開き、つま先・膝はやや外側に開きます。

腕はバランスがとりやすいように胸の前で組んだり、前に伸ばします。

Img_1691

膝を45度程度曲げ、伸ばします。

つま先が膝より前に出ないように気を付けましょう。

Img_1692

10~20回を2~3セット行います。

バランスがとりにくい場合は背もたれ付きの椅子を掴んで頂いても構いません。

使っている筋肉や『効いているな』と思う箇所を意識しながらやってみてください。

ただ、膝の痛みが強い場合は負担が大きくかかるので膝を曲げる動作を中止してください。

TVのCM中などの空き時間にご家庭で出来る3つの運動、是非試してみてください!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年6月15日 (月)

リーフレットが新しくなりました!

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

コロナウイルスで営業自粛中にリーフレットのデザインを一新しました!

今までは青を基調にしたものを使用していたのですが、緑色に一新しました。

Img20200615112020写真ではなく、イラストを使ってイメージが付きやすいようにしてみました。

こちらのイラストは元ご利用者様の池永様に作成して頂きました。

今までご利用された皆様の声や安心して運動してもらえる施設を目指してスタッフで試行錯誤したものです!

Img20200615112054現在、当センター内、周辺の調剤薬局の一部、もしくは大阪国際がんセンター内に設置していますので、是非一度、ご覧ください。

また、必要な方には送料無料で郵送させて頂きますので、お問い合わせフォームから必要部数とご住所をお送りください。

(パンフレットの郵送については郵送完了までに3営業日程頂戴します。)

お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇