« 2020年3月 | メイン | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月20日 (月)

今日は栄養のお話。

Photo_7
最近、コロナウイルスの事もあり、以前、免疫力について書かせて頂いたのですが、【この記事はこちらから ☞ 免疫力アップで病気に負けない】今日は『抗酸化物質』のお話です。
 
近年注目されており身近なものでは、緑茶の“カテキン”や、トマトの“リコピン”などが知られています。
 
抗酸化物質
活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く物質のこと。
ポリフェノール、カロテノイドなどの種類がある。
(厚生労働省eヘルスネット 健康用語辞典 より)
活性酸素とは
 
過剰な活性酸素による酸化ストレスは細胞内DNAにダメージを与え、様々な生活習慣病の要因になると考えられています。
もともとは“ビタミン”や、人間の抗酸化防御機構である“SOD活性”という酵素が体の中で働き、活性酸素ダメージから守ってくれていました。
 
が、
 
ストレス、大気汚染、栄養の偏り、喫煙や過度の飲酒などの生活習慣など。
数えだすときりがないほどの酸化ストレス要因に囲まれ生活しているため、大量に発生する活性酸素を抑え込めず、活性酸素ダメージを受け続けている状態になってしまっています。
 
この活性酸素と強力に闘ってくれるのが、抗酸化物質です。
なじみのある“カテキン”の抗酸化力はなんと、ビタミンC/ビタミンEの数十倍といわれており他にも、抗ウイルス作用や抗菌殺菌作用があり、緑茶などからこまめに摂取することで風邪の予防にもなるといわれています。
 
抗酸化物質は身近にある野菜や果物に多く含まれています。多くの種類があり、働きも様々。
スーパーの野菜コーナーでも“5ADAY”と書かれたPOPを見かけることが多くなりました。
普段の食事から野菜350g/果物200gを積極的に摂って、活性酸素から身体を守りましょう。
 
休業期間中につき、お問い合わせについては[お問い合わせフォーム]よりご入力ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年4月17日 (金)

家でもできる運動 肩の可動域改善編

Photo_7

『家でもできる運動』を少しずつご紹介しているこの4月です。

第2回目は『肩の運動』です。

肩の痛みの原因は、『四十肩・五十肩』『乳がんの治療による不動』などなどたくさんあります。

肩関節の仕組みについては以前、ブログに書かせて頂いたのでそちらをご一読頂きたい[こちらをクリック]のですが、どこの関節・骨・筋肉が動きにくくなっているのか違いが大きくありますが、関節や周囲の筋肉・靱帯などが固くなり、動かしづらくなります。

動かしづらさや痛みの度合い、手術の方法などによっても違いが生じますが、そのままじっとしていても治りません。

痛みなく、動かせる範囲で少しずつ、継続的に肩関節に動かし方を再度思い出させる作業が必要になります。

今日は、一部ですが肩の動きを改善する運動をご紹介します。

①棒やタオルを使った体操

ご自宅にある棒(ゴルフクラブやバットなど)やタオルを使用しての体操です。

〇バンザイ

手の位置は肩幅より広げます。

太ももの前から耳の横までゆっくりと手を挙げていきます。

痛みがある場合は動かせる範囲で構いません。

棒やタオルは逆手で持った方が挙げやすくなります。

10回を2~3セット行います。

Img_0626

Img_0629

〇内旋・外旋

手の位置は肩幅、肘は身体の横から離れないように注意してください。

痛みがある場合は動かせる範囲で構いません。

バンザイと同じように棒やタオルは逆手で持ちます。

勢いをつけず、ゆっくり動かして行きます。

10回を2~3セット行います。

Img_0632

Img_0633

Img_0634

〇肩回し

手を肩につけた状態で肩甲骨の動きとその周囲の筋肉を意識して前まわし、後ろ回しをします。

10回を2~3セット行います。

Img_0595

Img_0596

Img_0597

〇肩すくめ(シュラッグ)
胸を張った状態で手を腰に当て、肩をすくめてます。
10回を2~3セット行います。Img_0590

Img_0591

肩の運動はまず痛みが出ない範囲で実施してください。
その後、徐々に可動域を広げていきます。

関節や周囲の筋肉が動いていることをしっかり意識して取り組みましょう。

お風呂上りなど、身体が温まっている状態で行うとより良そう効果が高いです。

バスタオルなどで背中を拭く動作も良いですね。

ご家庭で是非、試してみてください!

休業期間中につき、お問い合わせについては[お問い合わせフォーム]よりご入力ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年4月15日 (水)

家でもできる運動 足のむくみ編

Photo_7

なかなか家から出るのが難しい今日この頃。

でも、運動しないと体力も落ちちゃうし、コロナウイルスが終息しても外出を楽しめない…

なんてことがないように、4月は『家でもできる運動』を少しずつご紹介していきます。

記念すべき第1回目は『足のむくみ』に対する運動です。

女性がよく『むくんでるわぁ~』なんて話をしている足。

なぜむくみやすいのかご存じでしょうか。

それは、『足が地面と一番近い場所にあるから』なんです。

普段から、炊事や食事の際に椅子に座ったりする際、足は常に一番地面や床に接している部分ですよね?

地球で生活していると重力がある為、血液やリンパ液など、心臓から足に向かって(上から下に)流れることは簡単でも足から心臓に向かって(下から上に)戻ることは、重力に逆らう動きなのでなかなか難しいんです。

そこで活躍するのが、『第2の心臓』と言われるふくらはぎの筋肉たちです。Photo

ちょうど赤い〇の部分に当たる筋肉。正式には『腓腹筋』と『ヒラメ筋』の2つの筋肉です。

この2つが収縮することで心臓のポンプと同じ作用が起こり、血液やリンパ液を心臓に戻りやすいように押し上げてくれる役割があります。

そして、この筋肉を動かすのに重要な関節が足関節です。

足関節をしっかり動かす事で『腓腹筋』と『ヒラメ筋』がしっかり動いてくれるのでむくみを解消できる効果があります。

また足関節を動かすには、スネにある筋肉も動いてくれないといけません。

3こちらの図の赤い〇の部分。『前脛骨筋』と言い、つま先を持ち上げる筋肉でここが弱いとちょっとした段差でつまづいたりしてしまいます。

今日は『腓腹筋』『ヒラメ筋』『前脛骨筋』の3つの筋肉の運動をご紹介します。

①カーフレイズ(つま先立ち) [腓腹筋・ヒラメ筋の運動]

壁や椅子の背もたれにつかまり、足を肩幅もしくはやや広めに開きます。

1

後はバランスを取りながらつま先立ちするだけ!

2立って行うのが難しい場合は椅子に座って行って頂いても構いません。

台所で炊事をしながら、テレビを見ながらでも構いませんので10~20回を2~3セット行います。

②トゥーレイズ(つま先上げ)

スタートはカーフレイズと同じで壁や椅子の背もたれにつかまり、足を肩幅もしくはやや広めに開きます。

1_2

次はかかとを床につけたままつま先を上げます。

4

どちらの運動もしっかり胸を張って、背中が丸くならないように気を付けてください。

ちなみに、こんなヒールを履いている方で、疲れやむくみが酷いなんて方いらっしゃいませんか?

Yjimage高いヒールは先程説明した足関節の動きができない(特につま先を上げる動きが制限されやすい)ので足が疲れやすく、むくみやすくなりますのでご注意ください。

時々座って足首を回したりして動かしてあげるだけでもだいぶ違いますよ!

試してみてくださいね。

休業期間中につき、お問い合わせについては[お問い合わせフォーム]よりご入力ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年4月13日 (月)

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)で免疫アップ

Photo_7

本日は免疫力を高める方法をご紹介!

(前回の免疫力の記事はこちらから ☞ 『免疫力アップで病気に負けない』)

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とは腸内で繁殖する微生物の集団のことを言い、お花畑のように見えることから、腸内フローラとも呼ばれています。

腸内には約1,000種類、100兆にも及ぶ腸内細菌が生息しており、善玉菌、悪玉菌、細菌類、酵母菌、その他微生物で構成されています。
 
そして、人体最大の免疫器官と言われている腸の細菌叢のバランスを整えておくことが免疫アップにおいて非常に重要視されています。(免疫細胞の60%が腸内に存在)
 
 
免疫アップポイントは2点
「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」
 
1つ目は、生きた善玉菌であるプロバイオティクスを摂り、腸内細菌叢を増やす方法です。
食品では、ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆や漬物などの、善玉菌を含むものです。
しかし、プロバイオティクスは“腸内に定着しない” “胃酸と胆汁酸に弱い”という弱点があるので、毎日続けて摂取する必要があります。
 
2つ目は、腸内細菌叢のエサとなり、善玉菌を増やす作用のあるプレバイオティクスを摂る方法です。食品では、オリゴ糖や食物繊維を含む野菜・果物類や豆類がおすすめです。
 
この2つについてはコロナウイルス対策だけではなく、普段から病気になりにくいように免疫力を高める方法として有用です! 
腸内細菌叢を育て、免疫アップしてこの春を乗り切りましょう。
 
 休業期間中につき、お問い合わせについては[お問い合わせフォーム]よりご入力ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年4月10日 (金)

関西の土曜の朝と昼の顔と言えば…

Photo_7

コロナウイルスで話題が消されてしまっていますが、このブログで池江璃花子選手の続報をお伝えしました(その記事はこちらから)。

そして先日、トミーズ雅さんも大腸がんであることを告白。

長時間の手術を受けられ、2週間の休養の後、復帰されました。

(その記事はこちらから ☞ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00000033-dal-ent)

大腸を50㎝切除し、10日間絶食という状況から、すぐに戻って来られました。

開腹手術ではなく、内視鏡手術ということでしたが、復帰された番組のコーナーの中で、早速、元気にラーメンを食べられている姿も見ることができ、一安心しています。

だた、未知やすえさんが間質性肺炎で2ヵ月治療ということで、こういった時期ですので少し心配ですが、しっかり療養して頂いて戻ってきて頂きたいところです。

お2人とも、これからも治療が続くのではないかと思いますが、関西の土曜の朝と昼の顔ですから、体調には気を付けて頂いて、これからも活躍して頂きたいと願っております。

当センターも一旦休業をしておりますが、営業が始まればすぐに運動指導ができるように今できることをしっかりやり、自己研鑽も忘れず過ごしていきたいと思います。

休業期間中につき、お問い合わせについては[お問い合わせフォーム]よりご入力ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年4月 8日 (水)

さくらさくら

Photo_7

非常事態宣言の発令により、ルネサンス運動支援センターは休業とさせて頂いております。

ご利用者様・関係者様には突然の決定となり、申し訳ありません。

ここまで拡大するとは誰も予想していなかったコロナウイルス…今はただただ、早く収束することを願うばかりです。

休業を頂いておりますが、ブログ・Facebookについては通常通り更新して参ります。

なかなか外出できない状況ではありますが、気分転換になるものやご自宅でも取り組める運動などを発信していきたいと思っております。

皆様もお身体、ご自愛くださいませ。

さてさて、本題。

最近のこちらのブログは桜の内容の多くなっていますが、なかなか外出しにくい時ですので、ご自宅で気分転換になればと思い、通勤途中などに撮り貯めしたものをアップしようと思います。Img20200406150553

大阪中央公会堂(逆光でごめんなさい…)

水の都、大阪らしい風景。

Img20200406164918桜の宮の橋の上から…その①

Img20200406164921その②

Img20200406164948その③

気候も良くなっていい時期なのに、花見ができないのは残念ですが、写真からだけでもちょっと花見に出かけた気分になっていただけると幸いです。

今週末くらいには散り始めるのかな…今のうちにきれいな景色があればまた撮影してアップしたいと思います。

我慢の時期ですが、降りやまない雨はありませんし、明けない夜もありませんから、力を合わせて頑張りましょう!

休業期間中につき、お問い合わせについては[お問い合わせフォーム]よりご入力ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年4月 7日 (火)

お花見の季節なのに

Photo_7

先日の仕事帰りに大阪城に夜桜見物がてら散歩に行きました。

Img20200402190113Img20200402190139

満開でいい感じでしたよ!

Img20200402190759大阪城もライトアップされていて幻想的。

Img20200402191113大阪城から見える大阪国際がんセンター

(わかりにくいですが、赤いランプがついている建物のすぐ右隣りの建物です。)

 
いつもなら夜桜見物で盛り上がる時期。人も閑散としていてさみしい限りです。
今年はコロナウイルスの件でお花見をできないのは残念ですが、今は“一旦停止”。
よく見聞きし、考えてから行動しなければならない時期になりました。
自分の身と大切な人を守るため、正しい情報のシェアと分別ある行動が大切です。
 
外出先だけでなく、自宅での過ごし方など、コロナウイルスに関する多くのガイドラインを厚生労働省HPで見ることができます。
 
きっと来年の今頃は、大切な人たちと桜を囲めるようになっているはず!
今はもうちょっと我慢して、対策に対する知識を高め、日々を過ごしましょう。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年4月 3日 (金)

春の楽しみ

Photo_7

すっかり春になりましたね。
お花見は自粛モードですが、世の中には春を感じる『桜が描かれたグッズ』『桜風味の食べ物』を沢山みかけますね。Img_2033 『桜味』って正直食べてみると美味しい…のかよくわからない味ですが、『桜』とついていると
なんだか魅かれてしまいつい購入してしまいますよね。Img_2032 桜味が好きなんじゃなくて、さくらから連想する春のイメージが好きなのかも。
みなさんも、いろいろな形で春を感じて季節感を楽しんでみてくださいね。Img_0081

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年4月 1日 (水)

しっかり水分補給しましょう

前回、『かくれ脱水』についてお話させて頂きました。

詳しくはこちら ☞ http://blog.s-re.jp/cancer/2020/03/32-cbc0.html

今回は、脱水の予防もそうですが、健康的に過ごすための『水分補給』についてのお話です。

最近はコロナウイルスの予防で、うがい、手洗いをかなり意識的にされていると思いますが、

水分補給は喉や鼻の粘膜をうるおしてウイルスの侵入を防ぐと同時に、侵入したウイルスを

痰や鼻水によって体外に排出する作用を助けます。

うがい、手洗いに加えて「水分補給」も意識的に行うことをおすすめします。

人間の体の約60%は水分で、日々食べ物や飲み物などから2~2.5リットルの水分を摂取しています。

尿や便関、また、汗や尿・便などにより同じくらいの量の水分を体から排出しています。

そのため、排出された量と同じ量の水分を摂取しなければいけません。

平均的な食事をしていればそこから1リットル程の水分を摂取しており、食べ物を分解する際に

生じるエネルギーから200ml摂取することができます。

残りの800〜1300mlを飲料水から摂取するようにしましょう。

ただし、1度に多くの水を飲んでも効果はありません。

胃が吸収できる1回の水分摂取量は、200〜250mlなので、コップ一杯程度の水分を1日に6〜8回に

分けて飲むようにしましょう。

◇水分補給のタイミング

①起床時、就寝前

②入浴前後

③食事前後

④運動中、運動前後

⑤飲酒前後

など、水分が失われるときや飲む時間を決めておくのがおすすめです。

のどが渇く前に、こまめな水分補給をこころがけてみてくださいね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇