« 関西の土曜の朝と昼の顔と言えば… | メイン | 家でもできる運動 足のむくみ編 »

2020年4月13日 (月)

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)で免疫アップ

Photo_7

本日は免疫力を高める方法をご紹介!

(前回の免疫力の記事はこちらから ☞ 『免疫力アップで病気に負けない』)

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とは腸内で繁殖する微生物の集団のことを言い、お花畑のように見えることから、腸内フローラとも呼ばれています。

腸内には約1,000種類、100兆にも及ぶ腸内細菌が生息しており、善玉菌、悪玉菌、細菌類、酵母菌、その他微生物で構成されています。
 
そして、人体最大の免疫器官と言われている腸の細菌叢のバランスを整えておくことが免疫アップにおいて非常に重要視されています。(免疫細胞の60%が腸内に存在)
 
 
免疫アップポイントは2点
「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」
 
1つ目は、生きた善玉菌であるプロバイオティクスを摂り、腸内細菌叢を増やす方法です。
食品では、ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆や漬物などの、善玉菌を含むものです。
しかし、プロバイオティクスは“腸内に定着しない” “胃酸と胆汁酸に弱い”という弱点があるので、毎日続けて摂取する必要があります。
 
2つ目は、腸内細菌叢のエサとなり、善玉菌を増やす作用のあるプレバイオティクスを摂る方法です。食品では、オリゴ糖や食物繊維を含む野菜・果物類や豆類がおすすめです。
 
この2つについてはコロナウイルス対策だけではなく、普段から病気になりにくいように免疫力を高める方法として有用です! 
腸内細菌叢を育て、免疫アップしてこの春を乗り切りましょう。
 
 休業期間中につき、お問い合わせについては[お問い合わせフォーム]よりご入力ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇