« ロコモ対策運動 体幹編 | メイン | 7月の無料体験イベントのお知らせ »

2020年6月26日 (金)

【あっちゃんの闘病記②】支えてくれた家族

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

 
今回は、私を支えてくれた家族のことを書きます。
 
乳がんの告知を受けた帰り、まず夫に電話をして乳がんだったことを伝えました。
 
電話の向こうで動揺する夫に看護師さんに聞いた話を伝え、私は大丈夫ということを伝えました。
私に落ち込んでる様子がないことにびっくりしたみたいです。
 
帰って晩ご飯の後、その当時中2の娘と小学5年生の息子にもママが乳がんになったこと、入院で2週間位いないけど、家のことを皆で協力してやってほしいことなどを伝えました。
 
子供達も「わかった」と言う感じで深刻な感じにならなかったのですが、夜、寝ている時に私にバレないように布団を頭からかぶり声を殺してシクシク泣く息子がいました。
この息子の姿を見た時が、一番泣けました。
 
そして、この病気は私一人の闘いではなく、家族みんなの闘いなんだと思いました。
 
まず私がしなければならないことは、病院探しや、手術方法を調べることより、息子を安心させることでした。
がん=死ではなく、ちゃんと治療すれば治る病気ということ、ママには病気を治せる力があることを話ました。
 
そして、息子の担任の先生と近所のママ友達にも話をして、私の入院中のフォローをお願いし、たくさんの人に協力してもらいました。
 
告知から入院まで20日ほどあったので、入院する時はみんな笑顔で見送ってくれました。
 
その時もらった娘作のメッセージつき折り紙の花束です。
 
 

1592975019899_2

ママへ
手術がんばってね!
おうえんしてるよ!
大好き〜💕
いつもの元気でファイト! 娘
 
(OK!頑張るね。ママも大好き〜♡)
 
 

1592975031019

ママへ
しゅずつがんばってね。ファイト!
持ってるぜ☆ 息子
 
(あちゃちゃちゃー。こんな時に言うのも何やけど、『しゅずつ』→『しゅじゅつ』。手術の漢字も習ってたね。『持ってるぜ!』→『待ってるぜ!』やね!)
  
 

1592975009743_2

ママへ
元気になって帰って来て下さい!
みんな待ってるからね‼︎
シリコンは両方Eカップでお願いします! パパ
 
(どさくさに紛れて何願望言うてんねんannoy)
 
 
でも、この花束のおかげで、笑いながら『行ってきます』と言えました。

【あっちゃんの闘病記③】はこちらから

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇