« 6月の患者交流棟無料イベントのお知らせ | メイン | 新スタッフのご紹介 »

2020年6月10日 (水)

ロコモとは?

Photo_7

新型コロナウイルス感染拡大防止対策はこちらから

先日の記事で『ロコモ度測定会』のご案内をしました(詳細はこちらから)が、皆さんは『ロコモ』という言葉を聞いたことがありますか?

『ロコモ』とは、『ロコモティブシンドローム(運動器症候群)』の略称です。足腰や骨などの運動器の障害のため、移動能力が低下した状態をいいます。

また、がん自体あるいはがんの治療によって運動器の障害が起きて、移動機能が低下した状態を『がんロコモ』と言います。

進行すると日常生活に支障をきたし、介護が必要になるリスクが高くなります。

最近足腰が弱くなってきたかな…と感じたら、ロコモかも知れません。

下記の7つのロコチェックで当てはまることはありませんか?

①片脚立ちで靴下がはけない

②家の中でつまずいたり滑ったりする

③階段を上がるのに手すりが必要である

④家のやや重い仕事が困難である

(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)

⑤2㎏程度の買い物をして持ち帰るのが困難である

(1リットルの牛乳パック2個程度)

⑥15分くらい続けて歩くことができない

⑦横断歩道を青信号で渡りきれない

ひとつでも当てはまることがあれば、ロコモの心配があります。

この度の長い自粛生活による運動不足の方、ロコモが始まっているか心配な方、ご自身のロコモ度をチェックしてみませんか?

運動支援センターでは、『ロコモ度測定会』を開催しています。

 

◆ガイドブックを使用して測定結果を説明いたします。202006031310590001


ロコモ度を測定することで、その予防対策に役立てる事ができます。

気になる方は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

ロコモ度測定会はコチラ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 HPで無料体験プログラムも随時発信中 ☞ 公式HP

 Facebookも始めました ☞ 公式Facebook

 お問い合わせはこちらから ☞ お問い合わせフォーム

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇